適度に摂取して葉酸効果を最大限に感じよう

葉酸とはビタミンB群のひとつです


女性に、特に妊娠を考えている人にはポピュラーな栄養素、葉酸。
細胞分裂とDNAの合成に役立っており、新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になります。
細胞分裂が活発といえば胎児。
その爆発的な細胞分裂には葉酸がかかせないというわけです。
他に葉酸は赤血珠を作るのに必要な栄養素なので、貧血予防も期待できます。
妊娠すると貧血になりやすいので胎児にも母体にも必要なのが葉酸なのです。
しかし、葉酸の過剰摂取は生まれた後赤ちゃんがぜんそくになりやすいので注意が必要です。
葉酸はほうれん草から発見されたため、このような名前が付きました。
他にはブロッコリー、レタス、豆類などにも多く含まれてます。
毎日の食生活の中でうまく取り入れて葉酸効果を感じましょう。

意外に知られていない葉酸効果

葉酸と聞くと、なんとなく妊娠時に摂ると良い栄養素だと思われる方が多いのではないでしょうか。
これは、葉酸がお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するとされているためです。
特に妊娠前〜妊娠初期は400μg/日の摂取が必要といわれています。
葉酸は野菜や果物から摂ることができますが、水や熱に弱い為、十分な量を摂るにはやはりサプリメントを利用すると良いでしょう。
また、意外に知られていない葉酸効果として、貧血予防、動脈硬化予防、細胞の生成を助けるなどがあります。
このため妊娠時に限らず日頃から意識して摂取することが望ましいです。
葉酸はビタミンB群の栄養素のひとつなので、他のビタミンB群とバランス良く摂取するよう心がけてください。